廣田証券 / HIROTA SECURITIES
廣田証券 HOME 広田証券
文字の大きさ 大 中 小

FAQ・サポート リンク集 サイトマップ お問い合わせ
H@kabuネットのご案内 投資情報 投資信託 会社概要
HOME > FAQ・サポート > よくあるご質問 > 取引について
H@kabu ログイン
口座開設・資料請求
お問い合わせ
矢印 H@kabuネット口座開設までの流れ
H@kabuネット口座開設基準
FAQ・サポート

取引について
Q1: パソコンが壊れたのですが、電話で注文・訂正などをできますか?
Q2: 買付代金は4日目までに振込むのでしょうか?
Q3: 今日買付けた株式を同じ日に売却することはできるのでしょうか?(日計り取引はできますか?)
Q4: 単元株で注文を出そうとしたら「取引所で値幅エラーとなる可能性があります」と表示されました。どういう意味ですか?
Q5: 呼び値とは何ですか?
Q6: 自社株の取引はできますか?
Q7: 成行で買ったら買付可能金額がマイナスになりました。入金する必要がありますか?
Q8: 単元株取引で前場引け後に取消入力した注文が取消済になりません。
Q9: 週末までの出合注文をしていたのに、週半ばで注文が失効してしまうのはなぜですか?
Q10: 単元未満株は指値注文はできないとのことですが、約定値段はどのように決まるのですか?
Q11: 単元未満株の注文発注時に前場・後場や始値・終値での取引を選択することはできますか?
Q12: 単元未満株の注文の引継ぎについて教えてください。
Q13: 出合注文はできますか?
Q14: 東証・大証・ジャスダックのうち複数市場に上場している銘柄の場合、市場を選択できますか?
Q15: 一口計算を行っていますか?
Q16: 単元未満株を買い増して単元株数を超えた場合はどうなりますか?
Q17: 株式分割で新株の割当により単元株となる日の前日に、単元未満株の翌日売り注文を発注しましたがどうなりますか?
Q18: 単元未満株(端株)の現物を持っていますが、すぐに売却できますか?
Q19: 前場寄付き値取引で買付けた銘柄を後場寄り付値で売却することはできますか?(単元未満株で日計り取引ができますか)
Q20: 新規上場銘柄の取引はいつからできますか?
Q21: 単元未満株の翌日注文を15時過ぎに入れようとすると、時間外エラーが表示されました。単元未満株は13時から25時まで翌日注文をできるのではないのですか。
Q22: 配当落とは何ですか?
Q23: 配当、株式分割等の権利を得るためにはいつ買えばよいですか?
Q24: 配当金はどのように受け取るのでしょうか?
Q25: 株主優待が送られてこないのですが。
Q26: 株式分割や株式移転などで発生する株数が1株に満たない場合はどうなりますか?
Q27: 保有している銘柄の上場廃止が決まった場合はどうなりますか?
Q28: 保有している銘柄が上場廃止になった場合はどうなりますか?
Q29: ストップ比例配分のルールを教えてください。
Q15: 一口計算を行っていますか?
A15: 同日、同銘柄、同取引(売り買いの別、および単元株または単元未満株の別)であれば一口注文となりますが、単元株取引と単元未満株取引の間では、手数料体系が異なり、その他の条件が一致しても、一口計算は行っておりません。
このページの先頭へ戻る

Q16: 単元未満株を買い増して単元株数を超えた場合はどうなりますか?
A16: 保有株と併せ単元株数以上となる取引が成約後、リアルタイムで単元株となります。
以降、単元株部分は単元株として、単元未満株部分は単元未満株として、それぞれ別メニューでのお取引になり、単元株を単元未満株数に割って売ることはできませんのでご了承ください。
このページの先頭へ戻る

Q17: 株式分割で新株の割当により単元株となる日の前日に、単元未満株の翌日売り注文を発注しましたがどうなりますか?
A17: 注文を優先し、残っている株数に応じて以下の処理になります。
  1. 前日注文を差し引いた株数が単元株以上となる場合、残っている株について単元株となる合算処理がおこなわれます。
  2. 前日注文を差し引いた株数が単元株未満となる場合、単元株となる合算処理はおこなわれません。
2の場合、前日注文が不成立となれば、翌営業日に単元株となる合算処理がおこなわれます。
このページの先頭へ戻る

Q18: 単元未満株(端株)の現物を持っていますが、すぐに売却できますか?
A18: 株式会社証券保管振替機構の預かりに換えるまでに、2週間程度かかることをご了承ください。
このページの先頭へ戻る

Q19: 前場寄付き値取引で買付けた銘柄を後場寄り付値で売却することはできますか?(単元未満株で日計り取引ができますか)
A19: できます。
前場の買付が成約してから、午前11時までの間に売却注文を入力してください。
ただし、単元株で同一銘柄の取引を行って、当社の日計り取引規制に該当することになった場合には入力できません。
このページの先頭へ戻る

Q20: 新規上場銘柄の取引はいつからできますか?
A20: 上場日にはお取引いただけません。初値が付いた日の翌日から発注が可能になります。
なお、東証2部から東証1部への市場替えなどの場合は、初日から取引可能です。
このページの先頭へ戻る

Q21: 単元未満株の翌日注文を15時過ぎに入れようとすると、時間外エラーが表示されました。単元未満株は13時から25時まで翌日注文をできるのではないのですか。
A21: 15時10分以降16時までの間に数分間だけ、取引所との間で最終照合等の処理を行います。その間はご指摘のように単元未満株メニューも中断してしまいます。恐れ入りますがしばらくお待ちになった後、再度、発注してくださいますようお願いいたします。
このページの先頭へ戻る

Q22: 配当落とは何ですか?
A22: 上場株券に配当や新株引受権その他の権利が付与されている場合、株主の権利確定日の翌日にその権利が消滅しますから、株主の権利確定日に決定される売買は、配当や新株引受権その他の権利がなくなった状態で行われることになります。これを、配当の場合には「配当落ち」、新株引受権その他の権利の場合には「権利落ち」といい、その内容に応じて当該銘柄の株価は表面上下落します。
取引所では、決済日などの関係から、当該銘柄について、株主権利確定日の3営業日前から配当落ち、権利落ちとして売買を行うことにしています。
このページの先頭へ戻る

Q23: 配当、株式分割等の権利を得るためにはいつ買えばよいですか?
A23: 権利付最終日までに買付けて、権利落ち日以降まで保有すれば、権利を得ることができます。
権利付最終日・権利落ち日は、実質株主報告を行なう日の、それぞれ4営業日前・3営業日前です。実際に配当や分割株式を受け取るのは2・3ヶ月後になりますが、権利落ち日以降まで保有していれば、その後売却しても権利は消失しません。
このページの先頭へ戻る

Q24: 配当金はどのように受け取るのでしょうか?
A24: 配当金の「配当金支払通知書」が、株主総会終了後に、直接株主に対して郵送されます。それに記載されている指定の金融機関(郵便局等)に持ち込むことにより受取ることができます。銀行振込での受取をご希望の場合は、「配当金支払通知書」の裏面に記載の「送金方法指定欄」にご記入いただき、名義書換代理人にご提出ください。
このページの先頭へ戻る

Q25: 株主優待が送られてこないのですが。
A25: 決算日などの実質株主報告を行なう権利確定日等と発行会社が定める株主優待の基準日が異なっている場合は、株主優待を受けられないことがあります。
振替決済制度においては、実質株主報告を行なうことにより、発行会社に対して株主の特定を行っています。
ほとんどの銘柄で株主優待の基準日は、実質株主報告を行なう権利確定日等と同じですが、同じでない場合には、株主優待の基準日以前の実質株主報告を行なった権利確定日等に、その銘柄を保有していなければ、株主優待を受けることはできません。詳しくは発行会社にお問合せください。
このページの先頭へ戻る

Q26: 株式分割や株式移転などで発生する株数が1株に満たない場合はどうなりますか?
A26: 株式分割により発生する新株が1株に満たない場合や、会社合併や株式移転などで新会社株式の交換比率が1株に満たない場合は、発行会社が一括して売却処分し、株主には現金で支払いが行われます。ただし、日本電信電話などの1売買単位が1株の株式の場合は、ほとんど発行会社の株主原簿で管理します。この場合の売却は、買取請求により行います。
端株制度を利用している株式では、1株未満の株式を合算して1株以上となる場合には、1株以上として取扱います。
このページの先頭へ戻る

Q27: 保有している銘柄の上場廃止が決まった場合はどうなりますか?
A27: 単元株取引では、上場廃止が決まった後も、整理銘柄として取引可能な場合には売却可能です。
単元未満株取引では、複数市場に上場していた銘柄が優先市場で監理銘柄に指定された時点で、一旦取扱対象外となりますが、優先市場の見直し等により、別市場が優先市場となった場合や、指定が解除された場合には、取扱いを再開します。
また、取扱いを再開していない場合でも、発行会社が買取請求に応じる場合は買取請求により売却を受付けます。
上記以外の処理を行うこととなった場合には、ホームページ上でご案内いたします。
このページの先頭へ戻る

Q28: 保有している銘柄が上場廃止になった場合はどうなりますか?
A28: 上場廃止が決まってから実際に上場廃止となるまでに売却できずに上場廃止後も保有されていた場合には、株式会社証券保管振替機構取扱い最終日以降は上場廃止銘柄の株券はお預りできないため、当社預かり期限日以降に、お客様の登録住所へ株券を返却します。

※ 株式会社証券保管振替機構から返却された株券に大券がある場合、株券を返却できないことがあります。
株式会社証券保管振替機構において取扱いが廃止され、保管振替制度による実質株主登録が行われなくなると、現在株主であるお客様でも株主としての権利を失うことになります。実質株主登録に代えて株主名簿への登録を希望する場合は、株券の受取り後、お近くの名義書換代理人の信託銀行等で名義書換手続きをお願いします。なお、発行会社の都合により、上場廃止日以降、株主名簿が予告なく閉鎖されることがあります。その他、固有の銘柄のご案内はホームページ上に掲載いたします。
このページの先頭へ戻る

Q29: ストップ比例配分のルールを教えてください。
A29: 弊社では「ストップ気配が表示されるまでに受注された注文により、取引所から割当てられた株数を抽選によって配分し、残株がある場合は比例配分・抽選を行う」こととなっています。
(例:パターン1) ストップ気配になった後の注文がある場合(1単元=1,000)
●取引所より弊社割当が 3,000 株の場合
ストップ気配になる前のご注文
(1)1,000株
(2)2,000株
(3)4,000株
(4)2,000株

ストップ気配になった後のご注文
(5)3,000株
>>抽選後>>
 
(1)1,000株当たり
(2)ハズレ        
(3)1,000株当たり
(4)1,000株当たり

 
(5)抽選対象にならず
(例:パターン2) ストップ気配になる前の注文がない場合(1単元=1,000)
●取引所より弊社割当が 2,000 株の場合
(1) 1,000株  (2) 2,000株  (3) 5,000株  (4) 2,000株
比例配分(割当株数/注文株数の合計)×各注文株数≧単元数の場合が当たりとなります。
(1)の場合 (2,000/10,000)×1,000=200  
(2)の場合 (2,000/10,000)×2,000=400  
(3)の場合 (2,000/10,000)×5,000=1,000
(4)の場合 (2,000/10,000)×2,000=400  
となり、(3)に1,000株当たります。その後、残りの割当株数1,000株を(1)〜(4)の中で抽選となります。

このページの先頭へ戻る
個人情報保護宣言 最良執行方針 勧誘方針 分別管理 サイトのご利用にあたって

廣田証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第33号 加入協会名:日本証券業協会
Copyright Hirota Securities Co.,LTD. All Rights Reserved.